人気ブログランキング |

変わったと思うけれど

引き寄せやスピにはまっていた時、結構変なセミナーにも行きました。
とにかく変わりたい!コミュ障直したい、友達欲しい。そんな感じ。アダルトチルドレン の私はいつもおどおどしていた
それを隠すために、平気なフリだけしていた。誰とでも仲良くなれまーすとか言って
友達は0みたいなw感じでした。

 理想の自分や欲しい物を貼る引き寄せボードみたいなのも作ったことがあります。
あれには、いつも友達に囲まれて楽しそうな人の写真を貼っていました。それから手を繋いでラブラブな写真。外国人に囲まれている人々とかw
あと、先生にもなりたかった。なんか尊敬されてみんなにちやほやされたかったですw
すごいーって言われたかったw

そしてそんな承認欲求のためにお金も結構かけました。。。恥ずかしながら詐欺みたいな高額塾にも、、、
そして返金請求で戦ったおかげで目が覚めました!w
そんな状態のこじらせ女が
結局、いちばん自分が変わった原因ってなんだろうって考えると

・毎日勉強することを習慣づけたこと。
・人のせいにしてできないと思い込んでいたことを一つづつやったこと。
例えば、、、
 祖父のお墓参り(母は祖父が嫌いなので祖父のことを話しただけで親不孝者呼ばわりで怒鳴るので怖くて行けなかった)
 母の兄弟に連絡を取る(母に怒られるのでできないと思っていた)
  勇気を出して30年ぶりに電話を調べてかけました。すごい勇気だった!
 離婚した父に会う。(母は父親のことが大嫌いで会ってみたいと言っても怒鳴られ殴られたから怖くていけない)
  戸籍の附票を取り寄せ、手紙を書きました。そして会う約束ができて会いました
 父方の田舎に行く(会ったことがないのでそもそも無理)
  父に頼んで教えてもらい、言ってきました。その時おじさんにも初めて会いました
 父方のお墓参りに行く(上に同じ)
 母の罵りを聞かない。(聞かなくちゃいけない義務と思っていたから傷ついても3時間そうですと言いながら真剣に聞いていた)
  電話を切る
 高卒恥ずかしい(でも私なんか通信でさえ卒業できないと思ってた)
  通信制の短大に行きました
 高卒だからいちいち職務経歴書出すときにコンプレックスで辛すぎた。
 海外に一人で行きたい(これは小さい頃からの夢でした。)
  数年まえに挑戦してから、少しづついろんなところに一人で行き始めました。もちろん英語は日々勉強。

・自分のルールを作ったこと。
・昔から好きだったことはやめないことにしたこと。(あるオタクな活動を再開、そしてそれは私にとっては大切と認めたこと)

などなど
これらを昨年からだだだーーーーーーっとやってみました。
もちろん、ハッピーなことだけではなかったし、嫌な思いもした。
行動に移す前はとにかく怖くて、何かとんでもない出来事が起きるのではないかと不安で不安で仕方がなかった。
それは母親の脅し「そんなことしてどうなるのかわかってるのか?え??お前は、、、」と低い声で脅され続けたので
怖くて仕方がなかったけれど、死んでからじゃ何も話ができないって思ったから、(特に父には結構いい歳なので)

そう思って全部やりました。

そうしたら、変わっていた。それはなぜか。
母親の決まりで行きてきたのをやめて、辛くても自分の目で世界を、現実を見たからだと思う。
そうしたら、自分の気持ちも感じられるようになった。だから変わるスピードも加速したんだと思う。
自分の正直な気持ちが、その時わかるから、対処しやすくなった。前はその瞬間嫌な思いをしても、変にごまかしてしまい
問題を悪化させることが多かったんだと気がつきました。

今、私は、もし自分が「こんな人だったらよかったのに」って思う自分だったら?行動は変化する?って自分に問いかけている。
やはり今でも、これはできないと思うことがたくさんある、諦めつつあることもたくさんある。
でも、もし、今理想の自分だったら?少なくとも挑戦はしてみるんじゃないなーって。

一番の変化は、地に足のついたポジティブでいられるようになったことだね。
あとは、人のせいにしないってこと。
これからも、こんな感じでやっていきたいな〜

# by 76sak | 2019-09-17 09:24 | 日々を楽しむ?スライバーの日々 | Trackback | Comments(0)

独り言

重い重い毒母の手紙を読んで、つい電話をしてしまった。というのも台風のこともあったから。

手紙には、結局のところ、私はわからなかったのです。知らなかったのです。
できなかったんですと最後に書かれていたので、私は、だからこの人何がいいたいわけ?ってムカついた。
電話をする前に手紙を書こうと思っていたら、文句だらけになってしまったっっwwので破り捨てた。
そして電話をした。
そして、あの手紙結局なんなの?と言ってしまったら、また言い合いに?というより
「あんたはいつも私を責めてーーーーーーーーーー!キーーーーーーーーーーーーーーーーーー」となったのでガチャっと切った。
前はこういうの真面目に聞いてあげていた。もう辞めれるようになったのが私素晴らしい。


しかし、手紙にも書いてあった「どうしようもない自分のことしか考えていない親戚たち」長年母が見下してきた(本人はその自覚はないらしいけど)
親戚たちが普通に暮らしている、むしろ孫までいてみんなで可愛くてニコニコして、色々と問題はあるけれど楽しくしているよ〜んってことを言ってしまった。というかいいたくなった。
祖父の御墓参りに行ったことも父に会いに行ったことも。
いうつもりはずっとなかったんだけど、、、でも言いたくなってしまった。あの手紙事件で。

あんたが見下して、クズだクズだといっている人たちは普通の人だよ、みんな自分の人生を生きているよ。
「あんたの父親はホームレスにでもなってるわー!だからあんたもホームレスになるわなー、畳の上でなんて死ねないわ」そう私に言った母。

私の父はしっかりと今でも働いてたくさんお友達がいてまぁ問題はありますが
楽しくやってます。

私はそれを言ってやりたかった。言ってやりたいって気持ちでいっぱいになってしまった。

結局毒母は、今でも人のせいにしている。自分で何かを行動を起こすなんてことはしない。
だからお金で手に入るものは手に入れることができた。そういうことしか解決方法を知らない。
それか、問題が起きた時は無視して無かったことにするだけ。

具体的に自分が何かをする、それは考えられない。

考えられない人なんだ。

手紙にも書いてあった。
私は何も知らないで来ました。と。わかんないのよ〜と。電話でも言っていた。
子供の時も都合が悪くなる言っていた。「お母さんわかんないんだもん。」
これを言われると、小さい時はムカムカした。無責任で頼り甲斐がなくて、わからないと言われたらもうそこで話は終わってしまう。

「この人いい歳してこんなこと言うの恥ずかしくないのかな?」
そう思うのは、人のせいにしてると思ってしまうから。でも、もうこう言う考え方しかできないなら
人のせいにしていることも気がつかないんだろう

毒母を相手に何か言おうとしても何もかもが無駄なんだ。むだ。
だって悪いのは他人だから。
無駄な自分の言葉に自分で落ち込んだけど、(手紙のことなんか触れなきゃよかった!)
だけどザマアミロって言ってやりたかった。
お前だけが孤立してんだよ。お前が一番頭がおかしいんだよ!!!!!!!!!!!!!1って積年の恨みが溢れ出た!www

まともじゃないと周りと私に言い続けてあいつらは頭がおかしいって言ってた人たちが
全くまともだった件。
今まで本当に、母の都合のいいように全てコントロールされてきた。情報も、誰と付き合うかも。

それから離れて、今、現実が怖いくらいに迫ってくる。

人のせいにしてると、成長できないんだな。
私ももう、母を相手に何か言うのはやめよう。もう何もなかったくらいに思たらいいなー。


前よりは思い出しむかつきは減ったけど、やっぱり話すと恨みがひしひしと湧き上がってきてムカムカとしてしまった。

*************
でも、ここまで書いてこの怒り、当たり前かなって思った。
この怒りは、あの時の怒り、悲しみ。
「お前なんてホームレスになるわ!はははっ」半笑いで鼻で笑いながら言ったあの時の怒り。
あの時に言えなかった怒り。それを今でも感じて、それを今日はっきりと電話でも言った。
ある友人にこの話をしたら「そんな言葉言うのは親じゃない!」って言われたこと、
それがまともさだってこと。それも言ってしまった。

前は、一方的にキレられて、怒鳴り散らされて、それを聞いて、聞いて聞いて電話でもなぜかあやまったことがあった。
(その時すごく怖かったのを覚えている。お母さんごめんなさいーーーーて泣きながら言ってしまったことがあったもう8年以上前だけど)
今は、言いたいことをガンガンいって逆にこっちが切ってやるって言うスタンスになった。

くだらないしもうしたくないけど、、、、成長した部分かもしれない。。w
反抗期が今だと思ったら、親にばーーーーーーーかって言う今の私はすごく普通っっw





# by 76sak | 2019-09-15 23:51 | 独り言 | Trackback | Comments(0)
9月のご報告。
この数週間で周りも自分自身もものすごく変わって、とにかくついていけないくらい変化が多い気がしていて
土日とか結構ぼーっとしてしまう。

さて一番の変化は
・・・
なんというか!彼氏が出来ました。
これは絶対に、エロスのおかげだと思います。実は3年近く彼氏なしだった私。
おととしは、婚活?出会い?アプリも使ったり数人に会いました。

自分が全く愛情というものを理解していなかったということも理解して、かつ父と一緒に住んだことがないので
大人の女性が、男性にどんなふうにはなすのか受け止めるのか、身近に見たことが全くないということに気が付いて
変な本も沢山読みましたwww

でもだめで、苦しくなったり。
そして、去年とあるところで出会った人と仲よくなったのに、都合のいい女として扱われ(その時は気がついていなかった)
今年の2月にその人とは終わりにして、もう仕事頑張りまくろうとひたすら残業し、空回りでもなんでもやってみてそんな日々を過ごしていたら
職場でもあれ?っていう人が協力してくれたりとかあって、そんな中、、、連絡したりラインして
ご飯食べに行ったりしていたら
トントンと付き合うことになった。(出会い自体は昨年ですが、そのころは興味なかった)
(よく恋愛はタイミングといいますが本当にそうなんだなーって思いました。付き合える人って障害なく付き合えるんだな〜ってw)

付き合ってみるということ自体、最近の私にはハードルが高く感じていたので、奇跡としか言いようがないので
エロスのおかげです。

 他には、世の中を見る目が変わった。人を見る目が少しづつ養われてきた。
他人に期待し過ぎていた部分や、他人に自分の理想を勝手に投影して勝手にいい人って思い込んでいたことに気がついた。
あと、勝手に想像して相手の理由を考えてあげていた。きっと忙しいから、本当は優しい人なんだからとか。
これって現実を全然みていないってことに気がついた(そしてそれに気がつく事件?があったんだけどそれは別にかく予定です)
目の前にいる相手を見ること、現実を見ることは大事だと思いました。


 服装や持ち物の好みが変わってきた。流行りのものを毛嫌いしてバカにする癖があったけど(恥ですし、これは母親の受け売りでした)
使ってみたらすごくいいもの(ロンシャンのバッグ)とかあった。
そういうおかしなプライドというかおかしなこだわりは母の癖でとにかく人を見下さないと気が済まない母と同じことをしていたと思います。
でもそういうのって何が怖いというと、自然とそれが当たり前になってしまっているところではないかと。
だから気がつくとゾッとします。
自分が何が好きか、どうしたいのかが明確になってきたとも言えるのかもしれません。

そういろんなことが明確になってきた。
自分が何が好きなのか、どうしたいのか、自分の感覚に気がつくようになった。
少しづつ自分に対する責任を自分が自覚できるようになってその重みを嬉しく思えるようになって、
そして、自分が努力できるようになったことに気がつけた。
大きな成果は出せないけれど、それが私なんだって自分の小さな成果を認められるようになった。

前に進みたいと思った。それは「変わりたい」っていう言葉で私は表現していたんだ。
止まっていた時間がやっと動き出した。
今は変わりたいとは思わない。ただ目の前にあることを自分のことをもっとケアしてあげたい。

 母から手紙が来たあと、突然親戚と会うことになり(母が連絡を絶って今でも悪口を言ってる親戚たち)食事会があった。
小さい頃あった従兄弟たちは結婚して子供がいたり、いい企業に勤めていた。もちろん中身はわからない。いろんなことをみんなが抱えている。
だけど、みんなちゃんと大人になってるって感じがした。
そして、私はとても楽しかった。とってもとっても何かが満たされた気がした。
やっと体験してみたかったああいう場所、ここにいてもいいんだっていう場所に初めていられた気がします。
そういうことを経験せずに、そういう場所を0から作るのは私には無理でした。
だけど、あの場の空気あの場にいて自分が感じた今まで感じたことのない感覚がとってもとっても私が一番欲しかったものかもしれない。

まとまりがないけれど、表現に語弊があることは承知で書くと「普通の人」になれたような感覚です。(私は、超絶歪みきったアダルトチルドレンだったから)普通の人なんだけど、ちょっと変な人、くらいの感じ?に自分を感じられるようになりました。
そっか、自己認知する「自分」が「まぁ変だし歪んでるところもあるけど、まぁ普通かもねー」っていう自己評価になった、そんな変化と成長でした。

# by 76sak | 2019-09-15 13:23 | エロスを一年使ってみる | Trackback | Comments(0)

忘れそうなのでメモ

少し前に、仕事関連のとある担当の方と話す事がありました。
その方の事、私は最近とても不審に感じていた方でした。

昔は、きっと良い人に決まってると、自分の希望を投影していたことに改めて気がつきました。


その人とは何回かご飯を、夜ご飯を食べに言ったことがあります。
仕事の体なので、いつもその人がご馳走してくれて、しかも結構良いお店に連れて行ってもらいました。

今思えば、そんなのに行っていたから相手も勘違いしたんだと思います。。。
私たち親しいのよねと。

仕事のことで話があり話していたら、
『今度またご飯食べに行きましょう!ね!金曜日!金曜日の夜がいいわ!たまには美味しいもの食べましょう!』

私(え、やだ、そんな時間あったら彼氏といたい…友達に会うとかさーなんで金曜日にあんたと食事w)
『あー…』

みたいな流れがあった時に、気がついたんです。

あ、そっか、家族や親しい友達、そういう人と本当の意味で楽しい時間を過ごしていたら、
こんなおばさんと、いくらご馳走してくれるからってご飯なんかいかないんだ…。
話が合うわけでもないんだし、、、。

前はなんで行っていたのか、それは、寂しかったから。
友達もいないし、家族みたいな集まりもなかったから、お母さんみたいな人、面倒見の良いひと(と勝手に私が決めつけただけで、本当は違う。)と一緒に時間を過ごしたい。
私にも親しい人がいるって思いたかったから。

寂しさからだけだった。


先日始めて大人になってから親戚にあった。みんなでご飯食べたらすごく楽しかった。
ホッとしたし、嬉しかった。
あのご飯の時の雰囲気を一度でも味わったら、自分を大切になんて思ってない人とのご飯なんて、興味も湧かなくなるんだ!って。

ま、そのおばさん、私と話も合わないし、仕事のことで平均より手数料をかなり上乗せされていたこと、
その人騙されまくっていたこととか、すごい仕事ができない人をめちゃくちゃ評価していてトンチンカンな事を考えると、本心では個人的に仲良くなんてしたくない人だった。

寂しさからだけで、そんなことやってるとこうやって変な人が寄ってくるんだーとイヤーな気持ちになりました。




# by 76sak | 2019-09-14 09:30 | 日々を楽しむ?スライバーの日々 | Trackback
母から分厚い手紙が来た。

ハガキはたまに来て近況が書かれていることがあったけど、一応読んですぐ捨てていました。
今回あつい手紙が届いて、つい読んでしまった。

自分の生い立ち、ごめんね、迷惑はかけるつもりもないから。手紙も捨てていいですからと書いてあった。
あなたにも寂しい思いをさせたでしょう。ごめんなさいね、私は何もわからなくて。と書いてあった。

母の生い立ちについては、私が小学生の頃から、成績が悪かったり機嫌が悪いと、グズグズ夜中の3時まで私に聞かせ続けた
なんども同じ話、もう覚えている。それくらい聞かされた。私は捨てられた、私は置いていかれた。
私は施設に預けられた、私は親戚の家をたらい回しにされた。なんども置いていかれた。

今回の手紙にも書いてあった。

そして、母の兄弟についても。「私はみんなで幸せに暮らそうと思ったのに、みんなは自分のことばかりで、、、」と書いてあった。

結局母の話はいつもこれ。昔から変わらない。こんなことされた、あんなことされた、私は不幸だった!
私はみんなで幸せに暮らしたかったのに!頑張ったのに!!!!(だから私は悪くない)

昨年、母が言っていた「あんたのことを捨てていった父親」とやらに会ってみた。
その父親の田舎に会えなかった祖父母の御墓参りをした。
母御捨てた祖父の御墓参りもした。

そして、母が憎んで憎んでいた祖父の別の面を見た。
兄弟によってこんなにも違うのかと思った。
母は、一切親戚と連絡を絶った。あんなやつらに、あんな如何しようも無いクズなんて!
そういって、私と二人きりの生活をした。
私には偉そうに指示して、車の免許を取らせて、いいようにこき使った。
(もちろんたくさんの精神的虐待とぶん殴る、物で殴る、ひっぱたく、物を投げつける、全部やった。唯一やってないのは蹴るだけですね。)
私は命からがら(ちょっとオーバーっっw)逃げ出した。


ムカムカするとともに、思ったのは
人は、いったいどういうところで道が変わるんだろう?ってこと。

母は、祖父が死んだ後、兄弟相手に弁護士を立て遺産を分けてもらいそれで田舎に家を買った。
こんな家は女には普通は買えないんだ!っていうのが口癖でした。その頃。
自分が田舎暮らしがしたくて買った家、そこに住んでるのに、いつも周りには変な人ばかりが集まってきて
嫌味を言われた、盗まれた、喧嘩したなど、そんな話ばっかりだった。
母を客観的に見ると、、、なんていうかすごく運が悪い。。。
親に捨てられ、行きたかった学校にも行かせてもらえず、わからないまま世に放り出され、誰も助けてくれなくて、
空っぽのままいきてきた。いつも人に怒鳴るからすぐ嫌われて、まともな人はどんどん離れていく。
だけど、人が離れていくのが怖くて、すぐ人に媚びてしまうから変な人に利用される。

母の人生ってそんな感じ。

(私も、母と同じようにある時周りの人間が全て嫌いになり、どうしようなくて、それでカウンセリングに行くようになった。
しかも変な人ばっかりよってきて、なのに、友達もいなくて怖くなってしまったのだ。自分の何が間違っているのかがわからなくて)

原因は具体的にわかっていないんだけど、今日彼氏との関係の中でふと、一緒にいるのうぜーって思った自分がいてw
(それは相手が嫌いとかじゃなくて、一人になりたいって気持ちが強かっただけなんだけど)
他人に対して「うざい」「ほっといて欲しい」一人になりたいそう思う私も、まだまだ歪んでるというか、
自分が言われてきたからこそ、人に言いそうになる(いってもいいと思っている)
あっちに行けとか、うっとおしいってそうそう言わないよね〜と思いながら、これでこの感情に流されて
うっとおしいんだよおおお!って母が私にいったみたいにいっているとどんどん一人になっちゃうのかなーって
少しだけ自分のことが悲しくなった。

だけど、どうしてそう思うのかっていったら
自分の感情より他人の感情を優先してしまうからだ。

人といると、一気に「自分」が吹き飛んでしまっていることに気がついた。
話しているととっさにというか、自分がどう思っているか全く吹き飛んで
全身で相手の話だけになってしまう感じだった

全く自分が中にない感覚。

そりゃ、自分で決めているつもりでもきっと他人に決めてもらって、
他人を頼ってあてにして結局自分では何もしていないから。

世の中には同じような境遇の人はたくさんいる。施設育ちの人もたくさんいる。
なのに、なんでこうまでも道が、人生が変わってしまうんでしょうか?
どんな考え方の違いがあるんだろうか?

私は、大丈夫だろうか?



# by 76sak | 2019-09-12 00:24 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

親の虐待で苦しんだ人がもがいて、頑張ったり、休んだり楽しんだりして、幸せになるブログ


by sak