人気ブログランキング |

親の事、嫌だったことを考えている暇がないっていうのが一番いい結果を生むのかもしれない

カテゴリがAC卒業にむけてというのにしたけど、ちょっと違う気もしている。
でもこのまま書くね。

この間も健全さについて書いたけれど、今日の題名のもそんな感じ。

健全さ(人間性の健全さ、例えば被害者意識が強すぎないとかそんなかんじのこと)って完璧な健全さなんてものはないけれど、
例え、毒親に育てられていなくても、多少の歪みや問題?、弱点とかが誰にでもあるよね。

 振り返ってみると私は普段の生活の中で、とにかくいつも母親の罵りが頭の中にあって、それにたいして言い返しているのが
常に日常でした。その中で仕事をしている感じ。だから集中していてもミスが多いのかな~っても思っている。
それに考えているその毒親とのけんか、自分がひたすら罵られる、今にも殺されそうな場所にいる。

もう何十年も昔の場面が頭の中で再生されて何度も体験していた。そして、それによってエネルギーを使い果たしていたってかんじ、それで自分の人生について考える余裕、心の余裕、隙間がなかった。
 高校性の時、もっとまえでも同じなんだけど、私が幼稚園の頃から家を出るまでに身に着けたスキルって
「ただやり過ごすこと」だった。
いつ起こるかわからない母の怒りの爆発にびくびくしながら、(何かを考えていても、夢や希望もその怒りで壊されてしまう)
日々をただやり過ごすことだけだった。
だから、将来についても正直本当に恥ずかしいことだけど、考えたこともなかった。考える力が自分にあるとも思えなかった。
そんな力さえなかった。
ただやりすごしているだけの日々だった。
そしてその中で「引き寄せ」に出会って「幸せになること」「欲しいもの、やりたいことを手に入れる」という概念が私の人生に入ってきた。本当にそれまでの私には、そういう「概念」がなかった。

 もちろんそのこと親のせいってだけにはしたくないけれども
親のせいでそもそも洗脳されていたので、自分が幸せになるなんてことは考えたこともなかったし、
もともとおたく気質ではあるから、最悪な地獄の中での生活でも、誰にも秘密で好きなことをおっかけているときは
夢の世界にいたけれど(それが私をある意味守ってくれていたんだと思う)だけど自分の人生自体について
主体的に考え事がなかった。そう、「主体的」にこうしたいからこうしようというより、なにか降ってくるものに反応していただけの人生だったと思います。

 ここ数年ですこしづつ私の人生への態度が変わってきて、自分が好きなことについて考えてきた。
それでも戦いながら。(親とはもう離れているのにね、、、つねに戦ってきたそんな感じがします)

それから、親への不信感をそのまま他人にも投影していました。
なのに一方では親の代わりにまるっと信じられる人が欲しくて仕方がなかった(渇望レベルw)、
そして、なんとなくなにかの「先生」「講師」「彼氏」たちにその役を投影し、勝手に信頼しすぎてというより、期待しすぎて、関係性がおかしくなることがほとんどでした。
尊敬したい!みたいなおかしな考えがあった。

で、何が言いたいかっていうと、こういうことがすこしづつ少なくなってきて、だんだんと「自立」ができるようになってきた。
そしたら、周りにいる人も変化があって、今日ふと気が付いたら、あれ?前だったら憧れるような人が普通に友達にいる、、、
っていうかそんな人ばかりになっているって気が付いた。(全員あたりまえに英語が話せるとか、旦那やパートナーが外国人とか、海外に住んでいた、英語オンリーの職場で働いているなどなど)
ここさいきんときにぐぐぐーといろんなことが変わってきていて、自分自身の心の持ちようも変わってきていて、
例えばそういうあこがれの人々と思っていた人と仲良くしている自分も含めあー普通の人なんだな~
ってふつーにわかった。。。

そして、もっと私は自分の人生を楽しくしたいって思っていて、それには、結局好きなことに集中する、
ポジティブにいるってことは一番重要なことなんだって再確認しました。
今、正直親の事考えてる暇ないくらい忙しいです。あのバカ親の言葉でぐちぐち考えている時間がもったいない!心からそう思えているのですごく自分自身がかわったなーっておもう。もちろんぐちぐちするときもあるけど、まえよりましかな~

とりとめもなくかいたけど、そんな感じ。


トラックバックURL : https://s333m.exblog.jp/tb/30439691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by 76sak | 2019-09-08 21:35 | AC卒業にむけて | Trackback | Comments(0)

親の虐待で苦しんだ人がもがいて、頑張ったり、休んだり楽しんだりして、幸せになるブログ


by sak