人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

幸せになるんだって決めてから、
今までやらなかったことを幾つかしました。


怖がらずに人と出会うとか。

早速今、久々に?恋愛に片足を突っ込んでいるのだけど、

『私なんかが好きになってごめんなさい』
って気持ちが心の中にあるのに気がついた。

この気持ちになるのは、相手の人の言動や行動には一切関係なくて
私の中にいる小さい頃の私が、
自分のことをとても惨めに感じて、恥ずかしい存在だと思っている小さい頃の私が出てきているように思った。

ふとこの間、きになる人が優しくしてくれることにとても怖くなってしまい、
この感情は、なんだろうってぼんやり思っていた。

その時に、思いだしたのは、
小さい頃、知り合いのおばちゃんや、学校の友達、とかが優しくしてくれて、
そのあと、母親のいる家に帰る時の心境だ。

または、家におばちゃんが遊びにかて、私に優しくしてくれて、
そのおばちゃんが、帰ってしまう時のあの、哀しさ。

優しくして貰って、嬉しいのに、
いなくなっちゃう。
っていう、孤独感?
惨め?
寂しさ?
あの気持ちはなんていうんだろ。

私の心に気付いて貰えなかった、
この人は私の心の中を知らないんだなぁ
とか、
そんな気持ち。寂しい気持ち。

でも、この気持ちを感じるたあと、
私は惨めな気持ちになり
自分の価値が感じられなくなる感じがします。

今までは、この気持ちになるのは、相手のせいだと思っていたけど
相手のせいではないことが、今回わかりました。

優しくされるのが、苦手だった事にも気がついた。
だから周りに変なイヂワルする人が多かったんだなーとも。
by 76sak | 2018-02-28 22:30 | アダルトチルドレン的思考 | Trackback

基準

自分の中に基準がないと思うことがたくさんある。

特に自分のことを大事にするとか
人を大切にする
とか

どこまでオープンにしたらいいのかとか

全くない。

これは、自分が大切にされているなとか
こんな酷いことは愛情が感じられないなとか

基準がない。

すこし今日は悲しい。
by 76sak | 2018-02-26 21:18 | アダルトチルドレン的思考 | Trackback
こちらのリンク先
田房えいこさんの、新しい記事を読んで、以前、田房さんの毒親の話を読んだときに
全くうちの親と同じで、言い回し、表情とかぞっとするくらいにていて
うまく絵にかくな~って感心したのと、共感した記憶があります。
そのあと頻繁によんでいましたが
当然、読んだからって自分の中にあるこの気持ちが解決するわけでないので
すこし遠ざかっていました。

久々にみたら、今回は具体的な作者の考え方と変化の過程が書かれていて、
読んだときに
今まで言葉にならなかった自分の心の中にあった塊についてうまく絵と言葉で表現されていて、すっとしました。
私が言葉で表現できないもやもやをそのまま絵と言葉にしてくれてて
読むと、自分のモヤモヤが、自分の頭の中で定義され、きちんとした形になるようなそんな感じ。

自分の気持ち、感覚を常に否定され、そのうち、表現したり、伝えることをしなくなったいた私だったので
(自分ではそんな風にしていた意識はないけどそうなってしまっていた)

自分の気持ちを適切に表現するスキルが低いなーとも感じている。
今はなんか不安とか、なんだか、居心地が悪いとか、そういうことに気が付けるようになったと思う。
(言葉で表現でいない、微妙な感覚を感じられるようになったってこと)
一歩づつ前進している私です。


そして続きが本で出版される予定なので買って読むのが楽しみです。


自分の心の中の不安(私の場合は、不安、焦り、焦燥感、、、かなー)
をどうにかしたくて、いてもたってもいられなくて(このいてもたってもいられないっていうのが、田房さんのエッセイに書かれている「まきちらし」につながるんじゃないかと思う。)
変なセミナーに行って依存し次に行って、、、と繰り返しお金も時間も無駄に使っていた。

これが人によっては、彼氏やセックスやお酒や、買い物とかになるのかも。
(20代のころは、彼氏と買い物だった…。たぶんセミナーになったのは、勉強している自分みたいなのでごまかして
いい気分を味わえるからだ。)

そしてこの田房さんの漫画にも描かれていた、「まき散らさない」っていうやつ。
これ、ここ1年ちょうど私も気が付いた事だった。
まず自分で考えて決めるってやつもそう。
 
田房さんと同じことを私もしていて、人に意見を聞く癖に同意してほしいところがあって、
「私って間違ってないよね?」て自分の考えを認めてほしい。そうだよ、お前は悪くないっていってほしい。(苦笑)

この漫画と全く同じで私もずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
「お前は間違っている」って言われて育った。とにかく母親の思う理想と違う行動をすれば
「お前はどうしようもないくずで頭がおかしくて、そんなことやるやつはこの世にいない」
「あんたってほんとどうしようもない子供だ」
「あんたの考え方はね、、、、おかしいんだよ」
「そんなんだとさ、いつか困るよ、いいのかねそれで、私の言う事聞いてりゃまちがいないのにねぇ・・・はぁ」
「のたれじぬよ。くだらない人生しか生きられない人間っているんだね」
「ホームレスになる」
など。

これをどんなことをしたときに言われたかというと、自分で探して、自分で決めた職場の面接に受かって
正社員として働くことが決まった時に、一人暮らしをするとなったときです。

私はずっと自分はおかしいと思っていた。
「お母さんが死んだらあなたはすきなことをしていいのよ~」って言われ、
心の中で「どうして、いま(この時26歳。十分大人の年齢です)じゃだめなの?」
っていう言葉をぐっと飲み込んだ時の自分のおしこめた悔しい気持ち。

こういう、思ったことを絶対に言えない状況が私にとっては普通だった。
そして、そういう癖をつけた。思ったことをなかったことにする癖。
言いたいことを、聞きたいことを今聞かない癖をつけた。
だって言っても無駄だから。
(ここでいえばいいのに、言わなきゃ伝わらないんだよって
普通の人は言うと思う。
でも、こういう親って自分の気持ちを伝えるとね
「お前は頭がおかしい!狂ってるんだよ。」と罵詈雑言で殴られて、朝まで正座で怒鳴られ続ける。)

けど、カウンセリングを多分半年くらいつづけたんだけど

その効果か、最近自分の今の気持ち、今目の前にいる人との会話で、?とか
ちがうよ、とか、わたしのいいたかったことはねってっていえるようになってきた、
それどういういみで?とか聞けると、相手もちゃんと話してくれるんだよ。
そうすると、すごく心の距離が近くなるんだよね。

それが凄くうれしい変化です。





by 76sak | 2018-02-18 15:06 | アダルトチルドレン的思考 | Trackback | Comments(0)

My awesome thingsについて

ちょい前に一生懸命やろうとした
My awesome things
実は毎日書いてたら、苦しくなった。

何故なら、書いて感謝しよう!みたいな
自分の恵まれた部分に感謝しようのノリになってしまった感じで、
書いてて、というか、書くことを探すのに苦しくなった。
感謝しなきゃ!みたいな…
強制って嫌い。


私の場合
My favorite things で充分だと思った。
これをすることで自分をより知ることが出来るし。

私は私が思うより、私を知らないし、
私が思っている私と、実際の私がズレがあって
そこも生きづらいと感じる原因だと考えたから。
by 76sak | 2018-02-12 15:44 | アダルトチルドレン的思考 | Trackback

最近


反芻しないようにする
とかいてから、反芻し始めたら、すぐ頭を切り替えるようになりました。

私がやっているのは、目の前にあるもの(見えている物)を頭の中で説明するやり方です。

電車の中なら、男のひとが座っている。青いカバンを持っている靴は黒いネクタイは赤だ。
窓は、閉まっている、つり革は、白い丸い形だ。
外は夜で、暗い、など。

重要なのは、自分の感想を入れないこと。
男は疲れているとか、主観入れないこと。

私はこれをやると、反芻から抜け出しやすいです。


******************************

反芻をしてしまう理由は、しつこい怒りが心の中に溜まっていて
それをずーっと持ち続けているからだと思って、石原加受子さんの
『しつこい怒りが消えてなくなる本』を読みました。

カウンセリングでも、今迄ほんとにがまんしていたんだねって言われ
自分では、癖になりすぎて気がつかなかったがまんに気がつきました。

人間関係の中の、ちょっとした疑問、あれ?ってこと、殆ど言わずにきた。
とっさにこれは言っちゃいけないとブレーキがかかるんです。

小さな時に、お母さんその考え変だよーといって殴られたから。
何か相手に言ったら強いことが起こると思っているかんじかな?

もちろん自分では言わない事が、『当たり前』になっていたので、上に書いたようなことは、その瞬間に怖くて言えないよーとか感じられるわけではないんだよ。

こういう、『歪んだ当たり前』を1つ1つ、今迄と違う返し方や反応をして、違う世界を見たいな。

これが今の心境。


こういう事を積み重ねて、自分で自分を幸せにしたい。
by 76sak | 2018-02-12 11:42 | Trackback
久々のこのカテゴリ。笑

支払い。

実は私お金があっても、税金とか市民税、年金を滞納する人でした。

とにかくお金を払うのが嫌だったし、払うことが不安だった。
変だよね、
今は支払わなきゃいけないものを払わないほうが不安になる。この感覚を身につけられて良かったー。

ま、先延ばし癖があったのと、
税金イコール私にはよくわからないから、考えたくなくて、無視して払わなかったみたいな感じかなー。

今は、分からなくて不安だったら、調べたり、聞いたりします。

この間から、不安への対処について考えていたけど、
これも自分の持っている不安への対処の1つで、
自分が自分にしてあげられることだ。
by 76sak | 2018-02-05 20:28 | 出来るようになった事 | Trackback | Comments(0)

口癖

よく口癖を変えたら運が上がるとかさ
聞いたことないですか?

その度に私は
ネガティヴな口癖なんて私にはない!
って思っていたのだけど

私は、口癖で
ダメだー
って言っていた。
自分に向かってとにかくダメだし、ダメだーって言っていた。

あまりにも自然に言い過ぎて気がついていなかった。

これやめよう。
by 76sak | 2018-02-04 00:09 | Trackback

親の虐待で苦しんだ人がもがいて、頑張ったり、休んだり楽しんだりして、幸せになるブログ


by sak